5年生野外活動2日目~マスつかみ・焼きそば作り編~

 2日目最後の活動は、グリーンランドあさけでの、「マスつかみ・焼きそば作り」の活動です。

 まず初めに、5年生全員でマスつかみをしました。ふくらはぎ辺りまで水が入った池の中に、マスを放流し、自分の手でつかみます。1人1匹を目標に、みな一生懸命にマスを追いかけました。早く終わった子は、まだつかめていない子のために、マスを隅へ追い込んだり、つかみやすいようにマスを押さえたりなど、クラスみんなで協力して全員がマスをつかむことができました。
 マスつかみの後は、班ごとに焼きそば・焼きマスを作りました。1日目の飯ごう炊さんと同じように、火おこしをして、焼きそばとマスを調理しました。2日目ということもあって、どの班も1日目よりみんなで協力して調理を行うことが出来ました。また、今回は、マスの内臓を取り出すという、普段なかなかできない体験をすることもできました。
 自分たちで作ったご飯はとても美味しく、1日目同様、全班完食することができました!

 その後、グリーンランドあさけを出発し、十四山東部小学校へ帰ってきました。子どもたちにとって、今回の野外活動という経験は、「自炊や宿泊など、普段の生活とは異なる体験をすることで、普段の当たり前の生活に感謝すること」と「友だちや班、学級みんなで協力して何かを作り上げることの大変さや喜びを知ること」につながったのではないかと思います。この経験を忘れず、学校でもみなで協力して前に進んでいける学級を目指していきたいと思います。
RIMG0891 RIMG0060
RIMG0421 RIMG0871