ボッチャ体験 3,4年生

 日本福祉大学スポーツ科学センターの助教 植田真帆先生と学生9名を講師としてお迎えし、ボッチャ体験がありました。1・2限目は3・4年生、3・4限目は5・6年生、昼休み・5限目は1・2年生が体験しました。
 3・4年生の体験では次の流れで進んでいきました。
 まず、「ボッチャ」について、動画や実際に先生が行うのを見て学びました。児童は先生の説明を、静かに興味深く聞いていました。
 次に、「ボッチャdeビンゴ」(9つのフラフープを目標にしてビンゴを完成させる)を行い、投げる感覚を練習しました。
 そして、いよいよボッチャの試合を行いました。白いボールに近づくように、狙いを定めて投げていきました。ふれあい班の友達同士でどこを狙うかなど教えあう姿や熱心に応援する姿が見られました。
 その後、講師の先生は赤ボールvs校長先生・お母さんチームは青ボールで試合が行われました。その結果は子供たちに聞いてみてください。
 最後にボッチャ体験の感想を発表し、みんなで記念撮影をしました。今回の体験で、パラスポーツへの関心は高まったのではないでしょうか。
RIMG6742 RIMG6753
RIMG6793 RIMG6887
RIMG6960 IMG_9692
RIMG6983 IMG_9697