水辺の安全学習アプリを活用した授業

 出前授業などで水難防止を訴えている6団体が制作した「水の安全学習アプリ」を活用して、全学年、学年に応じた内容で授業を行いました。
 「水の事故を知って身を守ろう!」「海・川・ため池・用水路での行動」「命を守るライフジャケット」「水に落ちたらどうする?」「事故発見!あなたはどうする?」といったメニューがありました。低・中学年は、先生と一緒に大型テレビを見ながら進めます。高学年は、各自のタブレットで、説明ページを読んだ後は、クイズ形式があったり、シュミレーションがあったりと、進んで学習することができました。
 水泳の授業が行えない中ですが、水難防止に対する意識を忘れずに、水難防止の大切さや手だてを学んでいきたいと思います。
RIMG3243 RIMG3247
RIMG3248 RIMG3251
RIMG3252 RIMG3254
RIMG3256 RIMG3259

ミストでクールダウン!

 熱中症が心配な時期になっています。6月28日のWBGTの警戒指数が厳重警戒に近かったので、今年初めてミストシャワーを始動しました。
 2年生が体育を運動場で行い、昇降口に戻ってくるとミストシャワー。子どもたちは「気持ちいいー」と言いながら、涼み、教室に入っていきました。昼休みにも外で遊んでいた子どもたちが戻ってくるとミストでクールダウン。午後も気持ちよく授業に参加することができました。
RIMG3823 RIMG3817

朝礼および体の話

 6月28日月曜日、蒸し暑い朝ですが、Zoomで朝礼です。児童会会長の元気な声でのあいさつの後、校長先生からのお話です。生活科や理科で、生き物の観察やアゲハの成虫などの虫取りをしている学年がありますね。また、教室にハチが入ってくることもあるようですので、気をつけましょう。
 河村先生からは、体についてのクイズです。「年、歯の数、身長、骨の数は、子どもと大人とどちらが多いですか?」と一つ一つ聞いていきます。この中で、骨の数だけは、子どもが多い、すなわち、赤ちゃんが一番多いということです。人が成長していく中で、骨が合体して減っていくのです。みなさんの体は、日々成長していきます。しっかり運動し、栄養と休養を十分とって、健康を大切にして過ごしていきましょう。
RIMG3228 RIMG3234
RIMG7818 RIMG7819

たからがわNo.11

たからがわNo11

4年生 福祉の授業

 6月24日(木)1時間目に4年生は福祉の勉強をしました。今回は、弥富市社会福祉協議会から講師の方を2名お招きして、話を聞きました。講師の方から「ふくしとは?」と質問され、それについて考えたり、絵をみておかしなところを探して発表する活動をしたりして、「福祉」について学ぶことができました。
RIMG2941 RIMG2959 RIMG2965