平成29年度 校長挨拶

 本校は、十四山村と弥富町が町村合併により十四山村立十四山東部小学校から平成18年4月1日に弥富市立十四山東部小学校と校名変更になり、昨年10周年の節目を迎えました。

 南には国道23号線があり、東側の校区には西尾張中央道が南北に通りますが、木曽川の豊かな水の恩恵を受けている田園風景の広がる地域に学校が立地しています。

 教育目標は、「豊かな心と確かな学力をもち、、たくましく生きる子どもを育てる」であり、「自主自立ができ、思いやりのある子」「すすんで学びよく考え、高めようとする子」「心と体を鍛え、最後までやり抜く子」を育てることを目標としています。「えがおいっぱい」「くふういっぱい」「ちからいっぱい」を合い言葉として、子どもたちと職員が一体となって取り組んでいます。

 平成24年度から、「集団との関わりの中で自己を肯定的にとらえ、将来への展望をもつことができる児童の育成」をテーマにして、キャリア教育の研究に取り組んできました。27年度からは、「おもいがひろがる造形活動を目指して~「人」「こと」「もの」との出会いやかかわりを通して~」のテーマで造形教育の研究に取り組み、今年度まとめの年となります。